キャッシング

銭夫のキャッシング


メニュー
銭夫のキャッシング TOP海外のキャッシング三菱東京UFJ銀行カードローン消費者金融の無人契約機信販会社のカードローン総量規制対象外のキャッシング365日キャッシング来店不要のキャッシング

消費者金融や信販会社は総量規制の対象

消費者金融や信販会社は総量規制と呼ばれる融資規制が課されています。他の無担保借入との合計で年収の3分の1を超える貸付を禁止されています。しかし、例外もあります。

多重債務者の救済策としておまとめローンがありますが、消費者金融や信販会社はこのおまとめローンを取り扱っています。消費者金融だけではなく、クレジットカードのリボ払いやショッピングローンも同時にまとめようとすると、総量規制では間に合いません。そのため、総量規制の例外として、多重債務の一本化を目的とする場合に限り解除しているのです。

この総量規制は貸金業法という法律に基づいていますが、銀行のように貸金業法の適用を受けていない金融機関は総量規制とは無縁です。銀行の中には、わざわざ融資基準として「最高融資額 年収×50%」と表示しているケースもあります。

銀行系カードローンは、信用力があると判断すれば、本当に年収の半分程度まで貸付をします。銀行系カードローンの中には最高1000万という高額の融資枠を設定している例もあり、信用があれば「なんでもあり」なのです。

このような総量規制外のキャッシングは、銀行系カードローンが有利になるものだとして不公平だと言われています。現在政府が提出している貸金業法の改正案では「認可業者」に対して総量規制を撤廃する内容が含まれています。同時に金利の上限も昔の29.2%に戻すというものです。

消費者金融自体が「リスクを取れる」のであれば、金利を上げて危ない顧客に対しても貸付をできるようにするのです。賛否両論あるようですが、ヤミ金に流れている人を正規業者に引き戻す効果はあるかもしれません。